情報商材を使って思いっきり稼ごう!!
情報商材のノウハウを駆使して、思いっきり稼ごう!! 株式投資・FX・アフィリエイト・SEO・アドセンスetc 色々な商材、無料レポートなどを使って特徴や成果を検証。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FX商材の真打登場か!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ FX金利1万円生活 実況中継 ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日はFX商材の真打と呼べる商材をご紹介致します。





今年の8/17の急激な円高で、FX破産者が続出しています。

しかし、今年の春以降、スワップ派に、FXで安易なポジションを取らないように
ずーっと警告し続けてきた人がいます。

私が既に何度かこのブログでも取り上げさせてもらっている、
小金持ち投資塾の塾長で、
IPO情報でも有名な田頭さんです。

そして、その田頭さんから、
FX商材の真打と呼べる商材が発表されました。



FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答




田頭さんは今回の急落直後から、ご自身のメルマガで、
リアルタイムでFXのポジション構築方法を配信し続けています。

その彼のアドバイスの全容をご紹介します。

以下、田頭さんが配信していたメルマガです。




■ FXで金利1万円生活 実況中継 


今から3ヶ月前、GWくらいだったと思います。

弊社の社員からこんな質問を受けました。


>FXって儲かるんですか?

私:儲かるけど、たぶん、あなたは損をします。


>そんな~ 儲かるやり方教えてくださいよ!

じゃぁ、そんなに資金も無いようだから、
とりあえず、外為.comにでも口座開いておいて。

そんなに頻繁に教えるわけにもいかないから、スワップ狙いのポジションでいい?


>え~! それってあまり儲からないんですか?

毎日、金利が1万円くらい入ってくるくらいでどう?


>毎日、金利1万円!? それでお願いします。

ただし、私が言うまで絶対に取引しないこと!

あと、言われた額以上に、欲張って買わないこと!

これだけ、守ってください。



1週間後・・・

>口座開けました!

でも、今はすることはないよ。



1ヵ月後・・・

>そろそろ、何か教えてくださいよー!

まだ、何もすることはありません。


2ヵ月後・・・

>まだですか!?

まだです。

このまま、半年以上、取引しない可能性もあります。


>そんなの聞いてないですよ!

ごめん、言うの忘れてた(笑)


そして、8月17日朝・・・

今日、買うよ!

ドル円、114~112円の間で少しずつ買ってください。

他に、ユーロ、AUD、NZD、スイスフランも。

レバレッジ20倍でいいから、20万通貨単位まで買ってください。

ただし、それ以上は買ったらダメです。

まだまだ、下げる可能性もあります。


8月17日午後・・・

>ドル円111円台まで来てますけど!

さっき言った通貨、さらに10万通貨単位まで買って!

でも、それ以上はダメ!

さらに、ドル円は、109.5にロスカット入れておいて。

他の通貨も・・・

ちなみに、今日はないと思うけど、
ドル円100円以上の円高も想定に入れておいてください。


>だ、だいじょうぶかしら!?

た、たぶん・・・(笑)

下げたらまた拾うから。

まだまだ、資金の1/5も使ってないからいけます。

それに、君は米国Etradeでドルの現受も必要だから、
ロスカットが嫌だったら、少し現受して、海外送金しちゃいなさい。


メルマガでは、この辺になります。
  http://iposokuho.livedoor.biz/archives/50730923.html




8月20日・・・

このまま落ち着きそうだから、ドル円113~114.4の間で、細かく拾っておいて。



>どのくらいですか?

ん~ 適当に・・・


>どのくらいですか?

じゃ、3万通貨単位くらいまで(笑)



そして、現在・・・

こんなんできました。
 http://www.kaigaitoushi.jp/link/20070823.htm



これで、たぶん1日5000円以上の金利は取れると思うけど

さらに、リスクを減らすなら、
114円後半のポジションは、決済して整理してもいいです。

そんなに多くもないから、そのままにしておいてもいいけど。


しつこいようだけど、更に下げる可能性もあるから、そのつもりで。

118円くらいまで戻したとしても、115円割れくらいならすぐ来るから。

常に100円割れを念頭に入れて、資金管理をしておくのを忘れずに

次の下げ相場のとき、質問されなかったら、
私から思い出してアドバイスする可能性は低いです。

メルマガは読んでおいてね。



■ FXで金利1万円生活 解説 

スワップ狙いのFXは非常に楽です。

そして、金利差を最も享受できるのは、世界中で日本人だけです。

正確には、日本円の通貨です。



一般人が、庶民だけが損をする不当な預金金利で嘆いている間に、
FXのおいしさを知っている投資家は、FXを始めています。


しかし、今回の暴落では、FXでも破産者が続出しています。

彼と破産者の違いは、口座開設してから、何ヶ月も取引せずにガマンできたこと。

FXの素人の方に、FXを始めたいと言われたら、
ほとんどの場合は、スワップ狙いなので、円高になるまで、半年でも1年でも
取引しないでガマンできるならやったほうがいいですよ。

と答えます。

素人がFXを始めて、いきなり、短・中期の利ざやを取るのは難しいです。


利ざやを取るにしても、スワップ金利を取るにしても、

必要なことは、”安く買って高く売る”という基本的なことです。

ただし、為替は、株や商品と違って、絶対的な価値水準というものが無いので、
投資判断の多くをチャートなどに頼ることになります。


この辺のロジックについては、近日中に1万円以下で公開します。

FXの情報商材は、バカ高いので、ケンカ売ってみます(笑)

なんでそんなことするのか? という声が聞こえてきそうですが、

趣味です(笑)



------------------

ここまでが、田頭さんが最近のメルマガで配信していた内容です。

このメルマガは、それまでのまとめのような内容で、
実際は、このようなポジション取りのメールを
リアルタイムで配信してくれていました。


このメルマガが配信されていたときには、田頭さんのFX情報は
まだ公開されていなかったのですが、ついにこの商材として発表されました。

それが、
FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答です。

価格も1万円と、FX情報ではあり得ない割安価格です。

400名限定でサポートが付くようですが、
いつサポートが打ち切りになってもおかしくない状況です。


今回の下落で大損した人も、

これからFXを始める人も、

まずは、この方法でスワップポジションを構築することをおススメします。

下のリンクから無料レポートを購読すると、田頭さんのメルマガも購読できますが、
これだけでも読む価値ありです


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

現在、もの凄い勢いで売れていますw
しかも1万円の価格は最近のFX商材の中では、格安の部類ですw
もちろん私も買わせていただきました。

良い商材を紹介するのが私のポリシーですから。




スポンサーサイト

為替相場は調整局面ですね。
ここしばらく一方的に円安傾向でしたが、
先々週、先週末、と久しぶりに比較的まとまった調整が来ましたね。

米ドルはともかくとして、
ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドル、英ポンドなどの主要な通貨については、
ここしばらくクロス円で軒並み年初来高値を更新し続けていましたから、
なにかのきっかけでで貯まっていたロングのポジションの投げが起こると、
比較的一気に売りの連鎖で調整される傾向があります。
今回もそのパターンになったかな。と思います。

株式投資でも、FX投資でも、
テクニカル派だのファンダメンタル派だの、
長期派だの短期派だの、
どちらの手法が良いかの論議が必ず有ります。

でも、私にとってはどっちでもイイですw。
両方の美味しいところを取ってしまえば良いのですから。

たとえば取引口座も、
スカルピングデイトレ主体のもの、
スイングトレードからスワップ重視のもの、
と言った風に分けて運用しています。
相場の局面毎にテクニカル要素を使ったり、
経済指標などのファンダメンタル要素を使ったり、
『都合の良いところだけ=儲かりそうなところだけ』
トレードをします。
無理して不利な条件でトレードをする必要はないわけです。

そうすると、短期トレード思考と中長期トレードの思考の2つの目で、
相場を俯瞰的に眺められるようになります。

5分足ばかり見ていると、気持ち的に落ち着きがなくなります。
日足や1時間足を見てみると、押し目買いのポイントが見つかったりします。

スイッチヒッターは右投手・左投手のどちらにも適応できますw
同じように出来るようになったら、なかなか良くはありませんか?


私もFXについては、
色々な商材のお世話になりました。
それぞれの美味しいエッセンスをいただきましたw

投資スタイル別にいくつかご紹介出来ればと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。